旅するカフカのワールドベンチャーズビジネスは詐欺ではないけど稼ぐのに注意も必要な理由

こんにちは、yuuです。

 

今回はワールドベンチャーズの旅するカフカについて

ちょっと触れてみたいと思います。

 

というのが、実は「旅するカフカをやっている人の悩み相談」を

受けていたからです。

 

僕自身はネットワークビジネスは全く否定派ではなく

むしろ、収入源は多ければ多い方が良いと考えているし

実際僕自身もネットワークビジネスで少額ですが報酬を得ています。

 

ですので、興味がある人は旅するカフカをやってみても良いと思うんですよ。

 

が、やり方をミスすると全くうまくいかないし

結果が出ることはありません。

 

今日はその点について書いてみます。

 

旅するカフカとはそもそも何か?このビジネスに期待する人の心理とは?

旅するカフカとは?ワールドベンチャーズにおける位置づけ

旅するカフカとは、ワールドベンチャーズという

旅行を商材にしているネットワークビジネスの中の一つのグループが展開している

オファーの総称のことです。

 

旅するカフカ = ワールドベンチャーズというわけではなく

あくまでもワールドベンチャーズの数あるグループの一つに

旅するカフカのグループ(通称カフカグループ)があるのです。

 

高井翔さんという方が旅するカフカのトップリーダーのようですが

中の事情については僕は詳しくないので知りません。

 

旅するカフカが今評判になっている理由

この旅するカフカはワールドベンチャーズの数あるグループでも

勢いがあるグループになっているようです。

 

その理由が、ネットで人を勧誘できるネットMLMだからです。

 

ネットワークビジネスというのは普通は友達に

口コミをする必要があるわけで、それがストレスで

中々ダウンを作ることが出来ません。

 

しかし、ネットMLMだったら何となく簡単そう、

というような理由で飛びつく人が増えているようです。

 

ちなみに、ワールドベンチャーズを古くから知っている人であれば

ADSというネット展開のMLMグループのほうがなじみがあるかもしれませんが、

旅するカフカはADSとはまた別のグループのようです。

 

旅するカフカで全然稼げない人の相談に乗った話

で、僕自身この旅するカフカを直接やっている人の

アドバイスに乗ることが多いのですが、そのきっかけはFacebookです。

 

Facebookである時、全然知らない人から友達申請がきて

友達になったところ、その直後にメッセージが来たのです。

 

そのメッセージにて

「旅をしながら自由なライフスタイルを目指している」というような

ことが書いていました。

 

基本的にこの手のメッセージは返信することがないのですが

試しにレスしてみると、その後に海辺のカフカのオファーが来たのです。

 

そのオファーに

「コピペで簡単に稼げるビジネス」

というようなことが書かれていた・・・というわけです。

 

僕自身はADSとかの頃からワールドベンチャーズは知っていたので

まだ続いていたんだな~という感覚で見ていたのですが、

その方に「稼げてますか?」と聞くと全然稼げなくて

もうやめようかどうか悩んでいる・・・という話だったのです。

 

そこで、色々と話を聞いていたところ

特にノウハウというノウハウがなくて、ただ

Facebookでひたすら友達を作って数打てば当たる作戦でやっている、ということでした。

 

そのために、Facebookの友達募集コミュニティでひたすら友達を作って

友達になった人にひたすらメッセージを送る日々だそうなんです。

そりゃ上手くいきませんよね、という話です。

 

その方は、ビジネスのやり方は完全に疑問を感じているけど、

ワールドベンチャーズ自体が日本上陸するかもという話で

棚ぼた狙いでやっているということでした。

 

ただ、辞めるかどうか悩んでいると言っていました。

 

その後、気になってFBで友達募集コミュニティに登録したところ、

わんさかメッセージが届きました。

 

メッセージをくれる人が10人いたとしたらそのうち半数が

ワールドベンチャーズ関連であり、しかも「友達になった直後」に

メッセージが届くという点でも共通していました。

 

メッセージの文面は色々ですが、中には

「私は信頼を大事にしていますので、是非お返事ください」

というようなことが書かれていて返信をしたら

その後に旅するカフカの勧誘が届いたこともありました。

 

そこに対して断りのメッセージを送ると無視されて

「信頼が大事って言っていたのは何だったんだ?」という

疑問を感じざるを得ない人もいました。

 

いくら旅するカフカが優れていても適切なマーケティングをしないと稼げない

旅するカフカのセールスレターは確かに、

プロダクトローンチ的に作り込まれていて

興味をもって動画を見た人の一部は登録する流れで構築されています。

 

しかし、「動画を見る」というのもオファーの一つであり、

そのオファーに乗ってもらうためにはその前段階で信頼構築や

より小さなハードルを越えてもらう必要があります。

 

例えば、女性をデートに誘う際もいきなりデートに誘うと

ハードルが高いのでなかなかYESと貰えませんよね。

 

だから、より小さなハードルである

LINE交換を先に提案するわけです。

 

すると、LINE交換で一度YESしている以上、

デートの誘いはNOと言いにくい心理が働きデートの誘いの

成功確率もアップします。

 

このような小さなハードルでYESを貰ってその後の大きなハードルを越えやすくする方法を

セールス用語ではフットインザドアテクニックなどと言い、ネットでビジネスをする人は

大なり小なり必ずこの手のスキルを学んでいます。

 

こういうスキルをたくさん学んではじめて

まともにセールスが出来るようになるのです。

 

しかし、実際に会員がやっているのはただ、闇雲にFacebookで

メッセージを送り、友達になった直後の段階でいきなり

「良いビジネスありますよ」と勧誘してしまっているわけです。

 

これ、路上ですれ違う人に「良いビジネスありますよ」と勧誘するのと何も変わらないし

リアルのネットワークビジネスで嫌がる友達にしつこく声をかけるのと何も変わりません。

 

これだといくらワールドベンチャーズそのものの

旅行のサービスが優れていても台無しになってしまいます。

 

また、仮にFacebookで反応があったとしても、自分のダウンさんをサポートする時に

「Facebookで友達を見つけてとにかくメッセージを送りましょう」というような

サポートになってしまいます。

 

もし、自分がまだダウンを作る場合はダウンさんと

自分がライバル関係になってしまいます。

 

実際、Facebookでいきなりメッセージを下さる方で

何かしらのお誘いがある方の半数は旅するカフカ関係です。

 

興味がない人からすると「またか」と

思われても仕方がありません。

 

このように、せっかく良いビジネスをやっていても

セールスやマーケティングの知識がないとそれだけで

空回りしてしまう・・・というわけですね。

 

旅するカフカで稼ぐためには何をすればいいのか?

ここまでワールドベンチャーズの旅するカフカについて見てきましたが

結局のところ、上手く仕組みを使いこなせる人は稼げるし

そうじゃない人は稼げないというのは他のビジネスと同じです。

 

通常の口コミのネットワークビジネスのように

友達を誘うストレスはないかもしれませんが、ネットで知らない人に

声をかけまくってうまくいくかというとそんな甘いものではないんです。

 

「いや、本当に良いビジネスだから紹介したのに」

と内心思っていたとしても相手からすると騙されただとか

詐欺にあっただとか言われてしまうこともよくあります。

 

これ、僕も別のビジネスで経験があるんですが超つらいです。

泣きそうになりました。

 

それで心が折れて諦めるというのが

一番多いパターンですね。

 

ネットワークビジネスは興味がある人に勧めるべし

だから、ネットワークビジネスをやるのであれば

興味がある人にお勧めするのが大事だと感じています。

 

ネットで人脈を作る場合であっても知らない人にいきなり

声をかけると嫌な顔をされたり、最悪、悪評になります。

 

実際、ネットワークビジネスはトラブルも多いですが

その大半は「興味がない人」に無理にお勧めするのが原因で起こります。

 

だから、興味がある人をしっかり見つけて

興味がある人だけにアプローチするのがお勧めです。

 

で、「興味がある人だけ」を勧誘するには

実はネットワークビジネスだけに依存するのはかなり危険です。

 

というのが、ほとんどの場合で激しい勧誘になるのは

「このビジネスで上手くいかなければ後がない」

みたいな状態になってしまい、そのプレッシャーが原因で

目の前の人への売込が激しくなってしまうからです。

 

いくら目の前の人がビジネスに偏見がなくても

絶対に成約させてやるみたいな感じで販売すると

それはそれでトラブルになります。

 

僕自身もネットワークビジネスは収入源の一つになっていますが

もし「ネットワークビジネスだけ」に依存していると

メンタル面でかなりきついと思うんですよね。

 

だから、大事なのは旅するカフカも含めた

複数の収入源を同時多発的に構築することです。

 

同時多発的な収入があれば無理に目の前の相手に

商品を売る必要から解放されるからです。

 

また、そもそもビジネスの挑戦というのは

自分自身を高める必要があるわけで本来楽しいモノなんですよ。

 

しかし、過度なプレッシャーがあるとやってて辛くなってしまう。

そんな状態だとビジネスを勧めるのがメンタル的に無理になってしまいます。

 

楽しくビジネスをやるという意味でも

必要以上にプレッシャーをかけてやるものじゃないんです。

 

ネットワークビジネスを含めた複数収入を構築する方法とは

複数の収入源を構築するためには

きちんとした順番があります。

 

どんなビジネスでもまず必要なのは集客。

MLMで稼ぐにしろ、個人事業をやるにしろ

ネックになるのはとにかくお客さん集め。

 

逆に言うと、お客さんが集まるのであれば

どんなビジネスでもそれなりに稼げるわけです。

 

ですので、ネットを使ってお客さんを集めます。

 

その際に「ビジネスに興味がある人」を集めるのではなくて

あくまでも「自分と価値観が合う人」を集めるのです。

 

ネット上にはいろいろな人がいますから

価値観が合う人は必ずいます。

 

ただ、価値観があうからといって

相手がビジネスに興味があるとは限りません。

 

ですので、相手が求めているニーズに合わせて

「相手が欲しいもの」を柔軟に色々と紹介していく、という方法が

最も上手くいきますし、MLMに依存せずに同時多発的に

色々な収益が生まれていくのです。

 

MLMに興味がある人はMLMをプッシュするけど、

興味がない人には別の商品をプッシュする。

 

このように、相手の欲しいものに合わせて柔軟に

プッシュするのが最も合理的にしかも同時多発的に売上が上がるのです。

 

興味がない商品を無理に売り込んでもいい結果にならないので

この点は念頭にやるのが大事ですね。

 

詳しくはメルマガでも解説していますので、

是非こちらの記事もごらんになってください。

→ yuuのメルマガ登録はこちら

 

では、参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です